最近食後に胸やけやむかむか、ゲップと一緒に胃酸が上がってくるような感覚はありませんか?

食べ過ぎや飲み過ぎ、胃の調子が悪いときなどは誰にでもありそうな症状ですが、

それが長く続くようなら逆流性食道炎かもしれませんよ~

この病気、最近よく聞くようになりましたが、

胸やけ、呑酸、嚥下障害が主な症状で食後にこのようになる場合は、

逆流性食道炎を疑ったほうがいいようです。

そういえば、芸能人でもこの病気で辛い~なんて言っている人がいましたが、

きっと、ストレスや乱れた食生活、不規則な生活などが原因でしょうね~

私の周りにも食後にはいつもしかめっ面になりゲップを耐えるような感じの人がいるのですが、

その人はもっと思う病気を疑っていたそうなんです・・

胃痛や胃もたれ、常に胃酸が上がってくるような嫌な感覚があり、

最近ではどんどん悪化して喉に食事がつかえる気がして、

大量のお茶や水と一緒に食事をとっていたんです。

周りの人はだんだん心配になり、病院に行くことを勧めるのですが、

あまりにも症状が悪化していて本人は「もうだめだ・・」と諦めていたようです。

おそらく食道がんか胃がんではないかと思っていたようで、

全ての症状が確かに癌の時に出ると言われるものに似ていて、

ここまで来たらかなり進行しているだろうな・・と考えていたのでしょう。

人間の思い込みって精神的に自分を追い詰めますよね!

だんだん元気がなくなって飲み会や食事会にも参加しなくなったので、

さすがに同僚が病院に強引に連れて行くことにしたのです・・

大人なんだからそこまで周りの人の魅惑をかけないで欲しいですよね~

そこで色々な検査をした結果、逆流性食道炎との診断が!

まさか自分が癌ではないなんて思いもしなかったみたいで、

ものすごく嬉しそうに食事会に参加するようになりました。

とは言っても病気は病気で、これ以上悪化しないように

食事内容や食べ方には注意しなくてはならないそうです。

もちろん、最近は逆流性食道炎に効果的な薬もあるので、

俺を服用しながら、喫煙とアルコールを控える事、

油っこい食べ物や甘い物をなるべく摂らない、

寝る直前には何も食べないなどかなり注意をしているそうで、

そのためか、とても健康になり同時にダイエットにもつながったそうです。

意外なことに、逆流性食道炎は肥満と大いに関係があり、

太り過ぎていることで腹部が圧迫されると胃酸が逆流しやすく、

その胃酸が食道などを刺激するため喉や胸の違和感がでるのです。

今回は癌ではなかったのですが、合併症として食道がんを発症する可能性があるので、

このような症状がある人は、早めに病院に行くことをお勧めします!

知り合いも、医師から早く治療を始められて良かったと言われたそうで、

もし、このまま放置していたら・・と考えると恐ろしいですよね?

誰にでも起こり得る症状で、ストレスを感じやすかったり、

胃が弱い人は特に「いつものこと・・」と片づけてしまいがちですが、

胃酸はものすごく強力な酸で、食道などを簡単に傷つけてしまうものです。

そのような刺激はある日突然癌となって変異することがあるので、

簡単に考えず治療することが大切ではないでしょうか?

ほとんどの場合は投薬での治療になり、かなり症状も良くなると言われています。

逆流性食道炎は、自然に治ることがあまり期待できない病気なので、

食事中や食後に辛い症状が続くようならば、早めに治療を始めましょう!

 

大正製薬のアバロンZもそんな嫌な胃もたれ、胸やけなどの症状を抑えてくれ、

制酸剤が胃酸を中和してくれる優れた市販薬です。

ストレスや欧米化した食生活によって日本人の意は疲れています!

時には胃が痛んだり、胸やけがすることだってありますよね?

それが必ずしも逆流性食道炎とはかぎらないので、

症状が軽い場合はこの薬で様子をみてもいいのかもしれませんね。

胃の調子が悪い・・胸やけが・・このような症状はいつ起こるか分からないので、

家庭の薬箱とバッグの中に常に入れておくと安心ですね!